構造計画研究所

防災ソリューション

地震対策ソリューション

地震PML評価

地震発生と被害発生

 地震による被害の最大の特徴は、きわめて稀にしか発生しないものの、ひとたび発生すると大きな被害をもたらす低頻度重大事象であるという点にあります。




PMLとは

 地震PMLとは、最悪の事態が発生した場合にどの程度の損失を考えておく必要があるかという観点からの情報を提供するものです。

PML=
  •    再現期間475年相当の地震に対し   
  •   予想される最大の損失(90%非超過確率)  
  • 再調達費(建物の再構築に必要な原価の総額
※「不動産投資・取引におけるエンジニアリング・レポート作成の考え方」(社団法人)建築・設備維持保全推進協会、日本ビルヂング協会連合会

 弊社では、評定機関、PM会社、不動産事業者、設計事務所、ゼネコンと幅広いお客様から、これまでに1500件以上のPML評価業務を受託しています。お客様が弊社を選ぶ理由は、長年にわたり構造設計業務(制震設計免震設計耐震診断)、解析コンサルティング業務(超高層ビル原子力発電所等の重要構造物の地震時の安全性評価等)の中で蓄積した豊富な経験と独自の技術・ノウハウに裏付けられた技術力の高さ信頼性です。
→実績一覧はこちら
また、今日求められる説明責任(アカウンタビリティ)においても、公平な立場の第三者としても評価いただいております。  PML評価メニューは4レベルを用意しております。弊社受託案件につきましては、ポートフォリオ評価も用意しております。
PML評価レベル




PML評価実績(建物用途別)

 2003年5月~2007年5月までの弊社の建物用途別評価実績は以下の様になっております。





PML評価実績(建物用途別)

ページトップへ

 

copyright