構造計画研究所

防災ソリューション

地震対策ソリューション

地震リスク評価による補強設計、優先順位評価

地震対策を検討する際には、投下コストの効果を見極める必要があります。極めて稀な大地震ではなく、妥当な発生頻度の地震を想定して地震対策を検討することが適切です。確率論的評価に基づいて各種構造物の地震に対するリスクを評価・分析し、リスク低減のための提案を行います。

地震リスク評価
地震災害による被害は最小限に抑えたい。それが防災対策の基本です。 地震災害が発生した場合、その被害は建物の倒壊、損傷といった物理的な被害のみならず、その被害によって生ずる経済的な損失がどの程度のものかを評価することも重要になってきます。 地震リスク評価は、地震動の予測(地震ハザード)、建物や設備の損傷発生確率評価(フラジリティ)、建物・設備のコストデータ(再調達価格、営業収入など)に基づき、年間地震リスク、最大予想損失額、累積トータルコストなどを算定し、建物の地震リスクを総合的に診断します。地震リスクを把握することにより、費用対効果に基づいた耐震対策の優先順位付けなどが可能になります。
住宅の診断結果例
住宅の診断結果例

ページトップへ

 

copyright