構造計画研究所

防災ソリューション

地震対策ソリューション

耐震診断

既存建物の安全性の確保のため、耐震診断とともに現在の耐震工学に照らして補強方法の検討を行い改善案を提示します。また、補強程度の違いによる建物の地震に対するリスクを評価し、費用対効果を考慮した合理的な耐震対策案を提示します 。

診断を受ける建物
次のような建物は、すすんで耐震診断を受けることが望まれます。

  • 昭和56 年(1981年)以前の建物(増改築を含みます)
  • ピロティや大きな吹き抜けがある、壁の位置が片寄っている、プランに凹凸が多いなど、上下・水平方向の形状がアンバランスな建物
  • 地盤沈下などで基礎が地盤に達していないか、またはゆがんでいる建物
  • 地震情報より揺れが大きく感じられる建物
  • 火災等により火を被った建物
補強方法
  • 耐震補強:耐震壁などを増やすことにより補強します。
  • 制振補強:制振ブレースを設置することにより補強します。
  • 免震補強:免震層の設置により補強します。(レトロフィットなど、建造物の外内観を変えずに補強することが可能です)

ページトップへ

 

copyright