構造計画研究所

防災ソリューション

地震対策ソリューション

地下構造調査・活断層調査

どのような地震がくるのか?その評価のためには、建物のまわりの地下構造や活断層などを調査することから始まります。

既往資料の利用
地形図,地質図,土地利用図,空中写真,重力異常図等の既往資料を活用し、大局的な地盤構造を把握します。
物理探査
反射法・屈折法地震探査,微動アレーや電気探査等により深部地盤構造を推定します。
活断層調査
トレンチ調査などにより活断層の存在や活動時期などを明らかにします。
出典:「活断層・古地震研究報告第1号(2001年)」(産業技術総合研究所,2001年)
ボーリング調査結果の利用
既往のボーリングや現位置試験の結果をもとに、表層地盤の地層構造、物性値を決定します。
※地下構造調査・活断層調査は、株式会社ダイヤコンサルタントで実施いたします。

ページトップへ

 

copyright