構造計画研究所

防災ソリューション

パブリシティでの紹介

1996.10.12 広沢雅也・梅田幹夫・奥薗敏文共著「鉄筋コンクリート建物の最新耐震設計」刊行

1995年兵庫県南部地震でみられた鉄筋コンクリート系建物の新しいタイプの被害地震である柱・梁接合部のせん断破壊への対応についてであり、破壊には至らなかったものの取り壊された建物が少なくない上に、柱や梁と同様に接合部の検討をしなければ今後接合部の被害がさらに起こり易いことを紹介して、これを防ぐために必要な耐震設計法と適用例を記述しています。

1996.10.12 広沢雅也・梅田幹夫・奥薗敏文共著「鉄筋コンクリート建物の最新耐震設計」刊行

ページトップへ

 

copyright