構造計画研究所

防災ソリューション

地震対策マネジメント

地震発生直後の対応

地震発生直後は、人命救助・救援が最も優先する課題です。このほか、あらかじめ策定した防災計画や事業継続計画を基本に、優先順位を考え柔軟に対応することが必要です。

人命救助・救援
災害直後に最優先で実施しなければならないのは、人命救助・救援です。急を要する活動ですので、現場にいるグループのリーダーに判断を仰ぎ、その指示によって組織的に活動を行うか、状況に即応して一人ひとりが自立的に行動することが求められます。
安否確認(社員・家族、お客様など)
企業が組織的に行う対策のうち、優先度の高いものは、社員をはじめとする関係者の安否確認です。お客様、社員・家族の安否情報は、その後の救援活動への社員派遣や被害状況の把握や復旧などを決めるための重要な情報となります。
被害情報収集(建物、設備、生産手段、情報システム、データなど)
人的被害の情報のほかに、企業の経営資源の被害情報を把握することは、被災後の行動を決定するのに重要な情報です。経営資源としては、建物、設備、生産手段、情報システムデータなど様々なものがあります。また、企業自身だけではなく、活動にとって必要な取引先など関連企業、インフラなど公共機関・企業、地域社会などの状況をしらなければなりません。被災後には積極的に情報を収集する手立てを講じることが重要です。

ページトップへ

 

copyright