構造計画研究所

防災ソリューション

地震対策マネジメント

地震被害の定量把握

地震対策を行う場合、地震被害や津波被害を定量的に把握する必要があります。地震被害は、シナリオ地震分析や地震ハザード分析等を用いて、地震リスク(地震危険度)を定量的に把握します。

シナリオ地震分析
東海地震などのように過去に発生した大地震をモデル化した震源と対象地震の位置および地盤特性から、地震動の大きさを予想し、どの程度地盤が揺れ、被害が発生するかを予想します。
各自治体で地震被害予想や地震ハザードマップを作成しているところもあります。その結果を公開していますので、参考にすることができます。
地震被害予測
地震被害予測
地震ハザード分析
対象地点の地震の発生頻度と大きさの関係を示すものが地震ハザードです。これを活用することにより、極めて稀な大地震だけでなく、確率論的に地震対策に対する費用対投資効果を把握することができます。
地震ハザード分析
地震ハザード分析
津波分析
沿岸部に立地する場合は、津波に対する対策も必要になります。津波の最大波高、浸水域などの津波ハザードマップは自治体で作成しているところもあり、その結果を参考にすることもできます。
最高波高分布図
最高波高分布図

ページトップへ

 

copyright